Copyright (c) DiPERCHE union. All Rights Reserved.

  • 黒のYouTubeアイコン
  • colorFacebook
  • colorinstagram
  • colorline

​神戸岡本の美容室ディパーチェユニオンのホームページです。

似合う「自分カラー」の探し方

自然な白髪隠しからポイントカラーまで、ヘアカラーは年齢や性別を問わずファッションの一環として広く親しまれています。

こちらでは、自分にピッタリのヘアカラーを、パーソナルカラーで選ぶ方法をご紹介致します。

シャンプー前にブラッシングパーソナルカラーで選ぶメリット

一概に、自分の好きな色が自分に似合うとは限りません。自分に似合う色というのは、本人が生まれ持った肌や目の色、髪や唇の色などと調和し、より魅力的に見せる色のことです。

パーソナルカラーは、そうした一人ひとりの個性を系統別に「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」に分けて、肌をきれいに見せたり、健康的で若々しく見せたり、個性を引き立たせてくれたりします。

スプリングタイプ

春を連想させるスプリングタイプは、キラキラと輝く笑顔が素敵で、華やかさのある方が多いです。その華やかさをさらに引き立たせるおすすめカラーは、オレンジやイエローなど、黄みのある鮮やかでくすみのないトーンのヘアカラーです。明るく暖色系の色は、顔周りの印象をさらに明るく見せてくれます。

サマータイプ

上品でエレガントな印象のサマータイプの方は、色白で瞳の色も柔らかく、涼しげで爽やかなイメージが強いです。そのため、ヘアカラーもアッシュブラウンやココアブラウンのように、明るく柔らかみのある中間色がおすすめです。

オータムタイプ

ナチュラルな雰囲気、大人っぽく落ち着いた雰囲気があるオータムタイプの方は、黄みの強いブラウンなど、温かく深みのあるヘアカラーがよく似合います。艶を出すよりも、暗めの色合いでしっとりとしたスモーキーな色がおすすめです。

ウィンタータイプ

目鼻立ちがはっきりしていて、存在感のあるウィンタータイプの方は、アジア人特有の黒髪がよく映えます。色白の方が多いため、黒に近いダークブラウンや、少し赤みのあるブラウンのようにシャープなヘアカラーがおすすめです。