Copyright (c) DiPERCHE union. All Rights Reserved.

  • 黒のYouTubeアイコン
  • colorFacebook
  • colorinstagram
  • colorline

​神戸岡本の美容室ディパーチェユニオンのホームページです。

ヘアケアアイテムの役割

ヘアケア商品には実に様々な種類があります。しかし、それぞれの役割について聞かれると意外に答えられない方は多く、知識不足のまま使用している方も少なくありません。正しいヘアケア知識を身につけて、毎日の洗顔やスキンケアと同様に、髪のお手入れも念入りに行いましょう。

シャンプーの役割

髪・頭皮の汚れや余分な皮脂、整髪料を落として清潔に保つ役割があります。頭皮には顔以上に多くの皮脂腺が存在していますので、健康な頭皮環境を保つためにも酸化した皮脂汚れを、しっかり洗い流さなければいけません。

しかし、シャンプーが不十分ですと毛穴に詰まった汚れが落ちず、ヘアサイクルが乱れやすくなります。また、シャンプー後に使うアイテムにも影響してしまいますので、シャンプーは正しく使うことをおすすめします。

トリートメントの役割

美容室のメニューでも見かけるトリートメントは、髪の内側に浸透して栄養・水分を届け、補修を促す役割があります。トリートメントは髪の修復に大きく関わってくるため、シャンプーの後にトリートメントを使用する方法が正しい順番です。

そのため、トリートメントをつけた後は5分~10分程度放置し、髪の内部に栄養分を浸透させることが重要です。セルフケアでは、一般的に週1~2回程度の利用がおすすめですが、ダメージが酷い場合は1週間あたりの使用回数を増やしてください。

さっぱり系・しっとり系・ダメージケア用など様々な種類がありますので、ご自身の髪質に合わせてお選びください。

コンディショナー・リンス

メーカーに応じて「コンディショナー」「リンス」と呼び名が異なりますが、どちらも髪のキューティクルを保護する役割があります。髪の表面に保護膜を張ることで、熱や外部からの刺激に強くなり、髪の感触や見た目も良くなってパサつきを抑えることができます。

ただし、コンディショナーやリンスはあくまでも髪のコンディションを整えるものであり、表面をケアする商品です。シャンプー後は、トリートメントで髪の内部に栄養を与え、その後にコンディショナーもしくはリンスで、髪の表面をコーティングさせることがヘアケアアイテムの正しい順番です。