Copyright (c) DiPERCHE union. All Rights Reserved.

  • 黒のYouTubeアイコン
  • colorFacebook
  • colorinstagram
  • colorline

​神戸岡本の美容室ディパーチェユニオンのホームページです。

顔型で選ぶ似合うヘアスタイル

ヘアスタイル雑誌の中から自分に似合う「なりたいヘアスタイル」を探すのが上手くいかない場合、顔型を基準にして選んでみてはいかがでしょうか。

やさしい印象の丸顔

眉からリップにかけての縦ラインと、口角を結んだ横ラインが2:3で、全体的に丸みを帯びた丸顔型は、顔を髪の毛で囲むことでシャープなフェイスラインにすることができます。

基本的に前髪をつくらないほうがスッキリしますが、髪の毛で囲むと前髪をつくったスタイルも楽しむことができるのでおすすめです。また、前髪が長いロングヘアなら、前髪をつくらずに左右に分けることでバランスが良くなります。

何でも似合う卵型

縦ラインと横ラインが1:1の長さで、美しいフェイスラインが特徴的な顔型です。前髪をつくることで、丸顔のようなやさしく穏やかな雰囲気も出せますし、フェイスラインを活かしたクラシカルなヘアスタイルにすると、エレガントで大人な印象を与えることができます。

特に似合うのがショートやボブですので、試したことがない方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
基本的にどんなヘアスタイルでも似合うと言われますが、「真ん中分け」は縦ラインが強調されるので顔が長く見えてしまいます。

知的な印象のベース型

縦ラインと横ラインが3:2のベース型は、ボーイズライクな印象が特徴的です。ハチが張っているので横幅が広く見えてしまうため、平面的に見えないよう立体的に見せるヘアスタイルがおすすめです。サイドでハチ部分を目立たせないカットをすることで、女性らしいキュートな雰囲気を出すことができます。

大人っぽい印象の面長型

ベース型と同じ縦ラインと横ラインが3:2の面長型は、全体的な曲線が少なく、日本人の中で最も多い顔型です。縦ラインが長いので“重めバング”のクールなヘアスタイルが良く似合います。さらにサイドにボリュームを持たせる“ひし形のライン”を強調すると小顔効果も出せるのでおすすめです。