ディパーチェユニオン スタイルコレクションギャラリー











洗練性をトレンドに加えてラフにフィットするボブが“DIPERCHE式”。

20代前半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



ロングヘア女性のおしとやかさのある雰囲気を一転させ、躍動的で意志をハッキリ持つ現代女性のイメージへ。著しく状況が変化する女性の“今”にフォーカスしたデザインです。
【“適応”ではなく“適正”】がマスト。デザインに“応じる”より“正しく”似合う。キマリ過ぎない3Dヘアカラーと柔らかくスイングする毛先が“ラフ”なフォルムの必須条件です。




「楽しいコト×切ないコト」÷2が織り成す現代の10代女性を表現。

10代後半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



清純で真面目な女学生が、流行に敏感なファッションリーダー的存在へと変化。周囲からのファッション的位置付けが変わることでしょう。女子は無限の可能性を秘めています。
日本人特有の“ゼッペキ”を骨格矯正する技術は日本人にしかできません。直毛の硬い髪を意のままに動く様にする技術も日本人にしかできません。日本人は凄いんです。




「順応性」よりも「適応性」が大切。セルフイメージを上げる髪。

20代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



金髪の可愛い女の子を洗練された女子にアレンジ。これで似合う洋服が沢山増え、もっとお洒落の幅が広がります。男女問わずモテる爽やか女子に変身し毎日が楽しくなります。
束感を作り、その束を自由に動かす技術。更に束と面を重ね合わせて丸みのあるシルエットを作る熟練された技術。DIPERCHE unionは絶対どこにも負けません。




Short-Styleは色んな角度からのデザイン演出が視界に。ピカソのよう。

20代前半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



ボブヘアーも似合うが、どこかあどけなく感じます。もっと都会的な雰囲気にアレンジ。責任感と使命感に燃え、仕事もサラッとこなす現代女性をイメージして創ってみました。女性の社会進出が加速します。
ヘアデザインはフォルムと質感で9割キマリます。日本人の骨格と髪質を知り尽くしているからこそ織り成せるこのフォルムと質感。DIPERCHEのショートはまさに奇跡です。




ベーシックボブのDIPERCHEクオリティの高さは世界最高峰。

20代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



ボトムのボリュームを失くなってしまっているミディーのBEFORE。これでは面長に見えてしまい、やや淋しい印象になります。AFTERでは明るく優雅な印象にしてみました。
故VIDALSASSON氏のデザイン“ナンシー・クワン”をDIPERCHEアレンジでトレンドに落とし込みました。’70年代から世界中でずっと愛されているデザインが進化を遂げます。




ミディーは首元の毛先の揺れを創り、女度を上げてくれるデザイン。

30代後半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



アンチエイジングの魔法をかけてみました。大人女子のいいところだけを精製するDIPERCHEの「ラウンドデザイン」は年齢だけでなく、生命力も復活させます。
“大人女子のエレガンス”には、いたる所に「ラウンド感」が必須。フォルム・毛先・流れの全てにラウンド感を取り入れ、デザインに落とし込みました。大人の魅力が冴えます。




日本人特有の四角い骨格もDIPERCHEはもろともしません。

30代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



可愛い骨格を最大限に引き出すDIPERCHEのショートフォルム。躍動感に溢れ、活発な印象を誘発。愛に満ち足りたAFTERの印象には沢山の幸せが運び込まれて来ます。
骨格を丸く包み込むショートボブにはDIPERCHEの集大成が詰まっています。毛先を細くし過ぎずに束を出し、アジア人の髪の良さを引き出します。ゼッペキも問題ありません。




愛し愛されながら幸せに満ちた女性は光り輝き、いつも最高のオーラを放つ。

30代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



「今のデザインの中に求めるデザインが元々内蔵されている。それを掘り出す為に要らないところを今のデザインから少しずつ取り去る。」DIPERCHEでの仕事の考え方です。
内面からにじみ出る艶感と艶髪でのSカールとの適合性はまさに運命的。キメ過ぎず、カジュアル感も織り交ぜて作り出すそのフォルムは、DIPERCHEのコンフォートライン。




女性は褒められ、大切にされ、笑顔でいる事が美しくいる為の条件。

30代前半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



DIPERCHEのヘアンチベーシック作。軽やかな春夏のベーシックレイヤーデザインを纏いました。質感調整パーマ“innovationα”は20年前の髪質のあなたに出逢わせてくれます。
DIPERCHEはベーシックにも拘ります。ベーシックラインであればある程、クオリティが大切。DIPERCHE超ベーシックは、手入れのし易さやデザインのモチが格段に違います。




程よい毛束の抜け感はみずみずしい女性の透明感を演出します。

40代前半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



40代女子をヘアンチしてみました。デザインの厚みを耳の横に置き、分け目が見えない位置から前髪を作りました。目と輪郭がひき上がった印象になり、ヘアンチ大成功です。
内巻きとレイヤーと3DカラーのトライアングルコンビネーションもDIPERCHEが得意とするベーシックラインの一つ。可愛く華やかで清潔感あるエイジレスな大人女子の為に。




大人の余裕感は、若さによる美しさを圧倒する様な美的造形につながってる。

40代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



クール系大人女子の必須条件の一つは、ダーク系の色味も似合うこと。ただ、暗くし過ぎると見た目のエイジングが進行しやすい。ここはローライトで「コナレタ感」を出す。
「丸過ぎない、縦長過ぎない重過ぎない、シャープ過ぎない、軽過ぎない」がDIPERCHEのレイヤーボブ制作上のマスト。可憐さと可愛らしさとラフ感をしっかり引き出します。




愛されるショートフォルムはあなたの価値観を大きく変えるかもしれません。

30代半ば


Hair & Maked By Yuka Kawashima



ヘアーとメイクは多くの場合、何故か釣り合います。ヘアーを可愛くすると可愛いメイクが似合う様になります。可愛いメイクが似合うとお洋服が可愛く似合う様になります。
「静」と「動」、「曲」と「彩」を駆使したDIPERCHEオリジナルの前傾ショートグラデーションスタイル。アクティヴなガーリーをイメージしたDIPERCHE独自の自信作です。




“デコルテ”と“うなじ”の演出法で女度に格段の差がつきます。

30代後半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



30代後半だとは思えないほどの貫禄に。ラフさは「ゴージャス」に華を与えてくれます。毛束感の出し方を変えるとラフさが映えます。春夏のエレガントにはラフさが当然必須。
こちらもDIPERCHEが得意とするラフなフォルムのロング。毛先が色んな向きで納まる様にカットする事で、多彩な動きを出しながらも全体が綺麗に纏まる。まるで魔法です。




「歳相応」という言葉は老化を促進させます。マインド年齢が大切。

40代前半


Hair & Maked By Yuka Kawashima



40代女子が持つラブリーを引き出せば二度と「私が若かった頃は・・」なんていう言葉は出て来なくなります。人から「あんな大人になりたい」と思われる女子を作り続けます。
作り込まないラフな巻髪がDIPERCHEロングの流儀。その具体は、抜け感+束感+艶感+立体感を引き出す質感調整カット技法と3Dカラーにあります。風にそよぐ髪は美しい。




「人生の楽しさが変わる程似合う」という本当の意味を知るマッチスタイル。

20代半ば


Hair & Maked By Shinya Tsuzuki



右と左では人生の楽しさが違います(笑)。オトコにとってヘアは楽しさの命綱かもしれません。中身は元より見た目も肝心。モテる人生とモテない人生、どちらを好みますか?
モテる男子の条件の一つが「キメ過ぎない、爽やかさ」を追求すること。「勢いもあるけど、細やかな気遣いが行き届く男子」を髪型で表現すると、こんな感じです(笑)。




外見はワイルドウルフィーな“肉食系男子スタイル”で内面は優しく。

20代前半


Hair & Maked By Shinya Tsuzuki



草食男子には負けてはいけません。DIPERCHEは「オトコなら強くアツい生き方を」派の男子を沢山作り、これからの日本社会を頼もしい男子社会にする事に貢献します(笑)
男ならワイルドを忘れてはいけません。草食男子とは絶対に言わせないオトコのスタイル。この見た目で中身が優しかったとするなら、そのギャップは魅力的なギャップです。




“THE 青年実業家爽やかスタイル”は神戸女子の憧れ男子スタイル。

30代後半


Hair & Maked By Shinya Tsuzuki



“神戸紳士”をヘアスタイルに。DIPERCHE流「憧れの旦那様」スタイルは、デキる神戸オトコのカッコ良さを大切に。DIPERCHE for Menの最も上品なモテデザインです。
頭脳格納庫の役割を果たすアタマ。いい頭脳の持ち主には、いいアタマのカタチが似合います。骨格を補正して更に頭脳を活性化させ、日本の社会をもっと明るくして下さ〜い。
 




仕事にプライベート、全てウマくいく超好感度モテスタイル。

20代後半


Hair & Maked By Shinya Tsuzuki



オトコは仕事をしている時が一番格好いい。スーツはビジネスマンにとって“衣装”です。ビジネス上、プライベートかかわらずチャンスは勿論カッコいいビジネスマンに訪れる?
お洒落ビジネスマンが多く集うDIPERCHEではスーツスタイルでのフィット感も大切にしています。商談もウマくいかせる必勝ショートレイヤーには細やかな秘訣が満載です。